静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー8F tel:053-454-8812

浜松市/外科的歯内療法/歯医者

外科的歯内療法

求人募集

診療カレンダー

取り扱いクレジットカード

外科的歯内療法とは

通常の根管治療で治癒が認められない場合、次に行うべき処置は外科的歯内療法となります。根尖周囲の炎症がなかなか治まらないなど治癒の難しい症例に対して、感染部分を外科的に直接除去、感染源を特定して直接的な外科処置で対応していく方法です。

治りが悪いからと言って歯を抜いてしまうのは簡単です。しかし可能な限り歯を残す努力を怠ってはならないと私たちは考えています。「次の一手を残す」という意味でも、非常に大切な治療オプションとなります。

当院での外科的歯内療法の種類

歯根端切除術

歯根先端部に改善の難しい大きな炎症を認める場合、外科的に直接感染部分を除去。
歯根先端部も同時にカットして、歯牙の保存を試みます。


術前


術前(CT画像)


術後


術後3年経過(CT画像)

歯根分割法

下顎大臼歯部で歯根中央に炎症を認める場合その中央部でカットすることで、一本の大きな大臼歯を二本の小さな小臼歯形態に意図的に改変する方法。これにより歯根中央部の清掃性も確保され、歯牙保存の確率が高くなります。

分割抜歯法

大臼歯部において複数の歯根がある場合、状態の不良な歯根のみを分割して抜根。
状態の良好な歯根を意図的に保存する方法です。

ページトップへ戻る