静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー8F tel:053-454-8812

浜松市/中区/旭町/インプラント/拡大精密治療/セラミック修復/歯周病/歯医者

スタッフブログ

診療カレンダー

取り扱いクレジットカード

HOME»  スタッフブログ»  ドクターブログ»  技工物の進化

技工物の進化

技工物の進化

こんにちは、勤務医の長谷川滋です。
2018年もあと僅かですね。
長谷川歯科は12月28日までやっておりますので、
気になることがありましたら早めにご連絡ください。

以前技工士さんの講演会を聞いてきまして、
昔と現在の考え方の違いを話しされていました。
一昔前の技工物といえば、前歯の被せ物であっても
パッと見ると作り物とわかってしまうぐらいの
色、形をしていました。
それは歯科医師が技工士に歯の色を指定する方法が
大雑把で決めてしまったり、技工士自体も
口腔内全体のバランスを見ないで歯の形を
作ってしまうため起こってしまっていた事で
ありました。
現在では口腔内写真を撮影して色合わせすることが
常識となっています。
更には顔貌と口腔内をデータ上で再現するような
システム等が活用されて、技工技術が進化しています。
技術だけでなく歯科医師と技工士の連携が密に
なっている昨今、見るだけでは被せ物を被せ物と
認識できないレベルになっています。
昔入れた被せ物が気になっているような方が
いらっしゃいましたら気軽に話してください。


2018-12-22 18:52:44

ドクターブログ

 
ページトップへ戻る